<手帳とノート活用法>フォロワー30,000人のインスタはこちら

忙しいワーママのための「自分時間」作り術 !ストレス解消から家族関係改善まで

URLをコピーする
URLをコピーしました!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

現代社会において、ワーキングマザー(ワーママ)の存在は避けられないものとなっています。

仕事と家庭生活の両立は、多くの女性にとって大きな課題であり、ストレスの原因にもなっています。特に、自分自身の時間を確保することが難しいと感じているワーママは多数います。

ワーママ

本当に時間がない!

本記事では、ワーママが自分の時間を作るための工夫や方法について、詳しく解説していきます。

この記事を書いた人

「子育てしながらどう働くか」迷って、悩んで、今は、時短ワーママしながら、好きなお仕事も並行する働き方にシフトしたワーママです。

起業したいわけではないけれど、このままではなく、自分にとって楽しい働き方を常に模索中。

「働き方を変えた体験談」はnoteにがっつり書いています。

\ ワーママに人気の記事 /

目次

ワーママが自分の時間を持つことの重要性

ワーママが自分の時間を持つことは、とても重要です。それによって、ストレス解消やリフレッシュができ、子育てやパートナーとの関係にもよい影響を与えるからです。

ワーママのストレス解消

ワーママは、仕事、家事、育児と、様々な役割を担っています。

そのため、常に多忙を極め、ストレスがたまりやすい環境にあります。自分の時間を作ることで、気分転換ができ、ストレスを発散することができます。

ヨガやジョギングなどの運動、読書や映画鑑賞などのリフレッシュ活動に時間を使えば、心身ともにリラックスできます。

ワーママ

少しの時間でも「自分の時間」があればリフレッシュできる!

また、自分の時間を作ることで、いわゆる「グルグル思考」から解放されます。

グルグル思考とは、同じ考えを繰り返してしまうことで、貴重な時間を無駄にしてしまう癖のことです。自分の時間を持つことで、そうした無駄な思考から離れ、前向きな気持ちを持つことができるのです。

手帳好きな人

思考整理には、ノートを書くことも役立ちます!

子育てへの前向きな取り組み

自分の時間を確保することで、ワーママは子育てに対してもより前向きな姿勢を持つことができます。

日々の育児に追われ、イライラしてしまうことも少なくありません。しかし、自分の時間を作ることで、気分転換ができ、子育てへの愛情を取り戻すことができるのです。

子育ては大変な仕事ですが、ママが心の余裕を持っていれば、子どもとの時間をより楽しめるはずです。自分の時間を持つことで、子どもへの愛情を深め、優しい接し方ができるようになります。

結果として、子どもの成長にも良い影響を与えることができるでしょう。

パートナーとの関係改善

自分の時間を持つことは、パートナーとの関係改善にもつながります。

ワーママは家事や育児に追われ、パートナーとのコミュニケーションが希薄になりがちです。しかし、自分の時間を作ることで、心に余裕ができ、パートナーへの気持ちを見つめ直すことができます。

手帳好きな人

自分だけでなく、家族も笑顔になれる♪

パートナーとの時間を自分の時間と考えるのも一案です。二人きりの時間を作り、お互いを理解し合うことで、よりよいパートナーシップを築くことができるかもしれません。自分の時間を大切にすることは、家族全体の絆を深めることにもつながるのです。

ワーママが自分の時間を確保する方法

ワーママが自分の時間を確保するには、様々な工夫が必要です。

ワーママ

時間が欲しいと思っても、上手くいかないことも(涙)

時間の使い方を見直したり、家族の協力を求めたり、外部のサポートを活用したりすることで、自分の時間を作ることができます。

朝の時間の活用

多くのワーママが推奨しているのが、朝の時間を自分の時間として活用する方法です。

手帳好きな人

私も朝時間を活用しています!

朝は家族が起きる前の貴重な時間なので、自分のためにその時間を使うことができます。朝の時間を作ることで、1日のスタートを良いものにでき、リフレッシュした気分で家事や育児、仕事に取り組めます。

具体的には、朝早く起きて、ヨガやストレッチ、読書、日記を書く、お気に入りの音楽を聴くなど、自分の好きなことに時間を使うと良いでしょう。

早起きは慣れが必要ですが、朝の自分時間を確保することで、1日が変わるかもしれません。

家事の効率化と外部サポートの活用

家事の効率化と、外部サポートの活用も重要です。

家事に費やす時間を減らせば、自分の時間を確保しやすくなります。時短家電の活用、家事の分担、掃除の頻度を下げる、動線を工夫するなどの方法があります。また、家事代行サービスやネットスーパー、ベビーシッターなどのサポートを上手に利用することで、家事や育児の時間を節約できます。

サポートを活用する際は、費用対効果を考えることが大切です。しかし、自分の時間を確保できれば、それ以上の価値があると言えるでしょう。まずは、自分に合ったサポートを見つけ、無理のない範囲で活用してみることをおすすめします。

私は、服選びを外注しています。

\ プロに任せて、洋服に悩む時間を0に /

もっとお得に始めてみたい人は、紹介コード「a852a8513c」を使って、ポイントゲット★
(コード使っても、こちらに個人情報は流れてこないので、安心して使ってくださいね)

スタイリング診断は【無料】洋服に迷ったら早速やってみて!

夫や家族との協力体制の構築

ワーママが自分の時間を確保するには、夫や家族の協力が不可欠です。

家事や育児を一人で抱え込まず、役割分担をすることが重要です。夫婦でコミュニケーションを密に取り、お互いの思いを共有し合うことから始めましょう。

また、両親や親戚、友人にも協力を求めることができます。子どもを預けてもらったり、家事を手伝ってもらったりすることで、自分の時間を作ることができます。家族や周りの人々の理解と協力があれば、ワーママの負担は大きく軽減されるはずです。

ワーママが自分の時間を活用する方法

自分の時間を確保できたら、次はその時間を有効に活用することが大切です。自分のためになる活動に時間を使い、心身ともにリフレッシュしましょう。

運動やヨガなどの活動

運動やヨガなどの活動に時間を使うのは、ストレス解消に最適です。ジムに通ったり、自宅でエクササイズをしたりするのも良いでしょう。軽い運動でも、気分転換になり、リフレッシュできます。また、ヨガなどのマインドフルな活動は、心の平穏を保つのにも役立ちます。

手帳好きな人

通う時間が取れないので、オンラインレッスンを上手く活用!

運動や活動を通じて、自分自身を大切にする時間を作ることができます。

ワーママは、家族のことを第一に考えがちですが、自分の健康を維持することも重要なのです。運動は、体力の維持だけでなく、メンタルヘルスの向上にもつながります。

読書や映画鑑賞などの娯楽

自分の時間には、読書や映画鑑賞、音楽鑑賞なども良いでしょう。好きな本に浸ったり、映画に夢中になったりすることで、日常から離れてリフレッシュできます。このような娯楽は、気分転換になるだけでなく、知的な刺激を与えてくれます。

また、カフェやレストランに行って、ゆっくりと過ごすのも良い方法です。落ち着いた空間で、おいしい食事やドリンクを楽しむことができます。外出することで、新鮮な気分になれるでしょう。

私は、音楽鑑賞をよく取り入れています。

Amazon music

  • 1億曲以上聞き放題
  • 英語の歌詞が確認できる
  • 同じ曲を繰り返し聴ける

\キャンペーン中! まずは無料で体験してみて/

楽しく英語続けるなら、絶対「Unlimitedプラン」がおすすめ!

創作活動やハンドメイド

ワーママの中には、創作活動やハンドメイドに夢中になる人もいます。絵を描いたり、編み物をしたり、手芸やクラフトに打ち込むことで、自分の才能を発揮でき、達成感や充実感を得ることができます。

こうした活動は、ストレス解消だけでなく、自己実現の機会にもなります。忙しい毎日から離れ、自分のペースで創作に没頭できる時間は、ワーママにとって貴重なひと時となるでしょう。

ワーママの自分時間への意識改革

自分の時間を確保するには、ワーママ自身の意識改革も必要不可欠です。

手帳好きな人

「自分の時間は贅沢」という考え方を捨て、自分の時間を大切にする姿勢が求められます。

「自分の時間は贅沢」という意識の払拭

多くのワーママは、「自分の時間を持つことは贅沢」と考えがちです。しかし、この意識こそが、自分の時間を作ることを阻害しています。自分の時間を持つことは、決して贅沢ではありません。むしろ、心身の健康を維持し、家族にも良い影響を与えるために不可欠なのです。

ワーママは、自分の時間を「贅沢」と考えるのではなく、「必要不可欠なもの」と捉え直す必要があります。

自分を大切にすることで、家族をより大切に思えるようになるはずです。

ママ友やSNSでの情報共有

自分の時間を確保するためには、ママ友やSNSでの情報共有も役立ちます。他のワーママがどのように自分の時間を作っているのかを知ることで、新しいヒントが得られるかもしれません。

ママ友と集まって、お互いの工夫を話し合ったり、SNSで情報交換をしたりすることで、様々な方法を学ぶことができます。自分に合う方法を見つけ、実践することで、自分の時間を確保しやすくなるでしょう。

ゆるりんのインスタでは、手帳とノートを使い方を紹介中!フォロワーさんはワーママ中心なので、ぜひチェックしてね!→こちら

自分の時間の大切さを忘れない

自分の時間を確保できたとしても、その大切さを忘れてはいけません。ワーママは、いつの間にか自分の時間を後回しにしがちです。しかし、自分の時間を大切にし続けることが、心身の健康とワーキングライフバランスの維持につながります。

定期的に自分の時間を作り込むことが重要です。自分の時間を確保するための工夫を続け、自分自身を大切にする習慣を身に付けましょう。

そうすることで、ワーママとしての役割を果たしながら、充実した生活を送ることができるはずです。

まとめ

ワーママは、日々の仕事と家事・育児に追われ、自分の時間を持つことが難しい状況にあります。

しかし、自分の時間を確保することは、ストレス解消やリフレッシュ、子育てへの前向きな取り組み、パートナーとの関係改善につながります。朝の時間の活用、家事の効率化、外部サポートの利用、家族との協力体制の構築などの工夫を行い、自分の時間を作ることが大切です。

確保した自分の時間は、運動やヨガ、読書や映画鑑賞、創作活動などに費やすと良いでしょう。

自分のためになる活動に時間を使うことで、心身ともにリフレッシュできます。さらに、自分の時間を「贅沢」と考えるのではなく、「必要不可欠なもの」と捉え直す意識改革も求められます。

ワーママ

本当に「贅沢」ではなく「当たり前の時間」にしてしまおう!

ワーママの皆さんが、自分の時間を大切にし、充実した生活を送れることを願っています。

よくある質問

よくある質問をまとめました!

ワーママが自分の時間を確保することの重要性は何ですか?

ワーママが自分の時間を確保することは、ストレス解消やリフレッシュ、子育てへの前向きな取り組み、パートナーとの関係改善につながるため重要です。

自分の時間を持つことで、心身のバランスを保ち、家族全体の絆を深めることができます。

ワーママが自分の時間を確保する方法にはどのようなものがありますか?

ワーママが自分の時間を確保する方法としては、朝の時間の活用、家事の効率化と外部サポートの活用、夫や家族との協力体制の構築などがあります。

これらの工夫を行うことで、自分の時間を作り出すことができます。

ワーママが自分の時間を有効活用する方法には何がありますか?

ワーママが自分の時間を有効活用する方法には、運動やヨガ、読書や映画鑑賞、創作活動やハンドメイドなどがあります。

これらの活動に時間を使うことで、心身ともにリフレッシュできます。

ワーママ自身の意識改革が必要とされる理由は何ですか?

多くのワーママが「自分の時間は贅沢」と考えがちですが、この意識が自分の時間を作ることを阻害しています。

ワーママ自身が自分の時間を「必要不可欠なもの」と捉え直す意識改革が求められます。

この記事を書いた人

「子育てしながらどう働くか」迷って、悩んで、今は、時短ワーママしながら、好きなお仕事も並行する働き方にシフトしたワーママです。

起業したいわけではないけれど、このままではなく、自分にとって楽しい働き方を常に模索中。

「働き方を変えた体験談」はnoteにがっつり書いています。

\ ワーママに人気の記事 /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事が良いと思ったらどんどんシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる