CITTA手帳

設定変更ノートに使えるA5サイズ高級ノート5選

設定変更ノート

設定変更ノートを使っています。

設定変更は、自分の設定(思考)を書き換えて、設定を変更する過程をノートに書いていくことで、今のままで幸せになろうというアクションです。

りんママ
りんママ
数年前に設定変更に出会って人生が変わったと言ってもいいくらいです

設定変更については、詳しくは藤本さきこさんの著書に書いてありますので、参考にしてみてくださいね。

でも、なかなかかわいいノートに出会えないことが悩みでした。調べたのですが、ビジネスマンが使うようなノートしかヒットしない。

せっかくなら、お安いぺらぺらの紙ではなく、万年筆も使えるようなしっかり目の紙を使ったノートが欲しい。

実際、使ってよかった

  • かわいい
  • おしゃれ
  • 使いやすい
  • A5サイズ
  • 高級感がある

設定変更ノートをご紹介します。

りんママ
りんママ
設定変更にはお気に入りのノートがマスト!

設定変更ノートやかわいいノートや高級ノートを探している方の参考になる記事です。

ぜひ読んでみてくださいね。

設定変更ノートには高級ノートが良い理由

高級ノートモレスキン色々

ノートにはまったきっかけは、OUR HOME emiさんのマイノートの本を読んだことでした。

最初は、とにかく書ければいいと思っていたので、ノートで有名なキャンパスを使っていました。

でも、設定変更を続けるうちに「せっかく書くなら書き心地にこだわりたい」気持ちが湧いてきて、リサーチ。
すると、設定変更ノートユーザーさんは、かわいいノートを使っている方が多いことに気づきます。

“ひよこさん”
“ひよこさん”
ノートに2000円も出すの?高すぎる!
りんママ
りんママ
わかる!最初は高くてめちゃくちゃ迷ったよ!

今では、書き心地が良く、大学ノートより高価な2000円〜5000円位のノートを買うことが多いです。

違いは、紙の質とデザインです。

2000円以上出すと、紙は厚め、デザインも女性らしく、かわいいものが多いです。最初は高いと思ったけど、毎日書くノートなので、お気に入りを使うと毎日が少しハッピーになりますよ。

もちろん、買ってみて失敗したこともあるのですが、素敵な出会いもあります。こればかりは使ってみないと分からないのですが、できるだけ失敗しないよう、好みのノートに出会えるようこの記事が参考になると嬉しいです。

設定変更ノート【モレスキン】

サイズは、

  • ポケット
  • ミディアム
  • ラージ
  • XL

です。

A5サイズはラージにあたります。

レイアウトは

  • 横罫(ルールド)
  • 方眼(スクエアード)
  • 無地(プレーン)
  • ドット方眼

です。

限定版だと、横罫はこの柄、無地はこの柄とデザインごとに別の柄が用意されていることもあります。

キャラクターとのコラボも豊富なのがいいですね。

著名人にも愛用者が多いモレスキン。書き心地はつるつるではなくて、少しひっかかる感じです。

万年筆との相性が良く、何度もリピしています。
表紙の発色もきれいで一冊は持っておきたいノートです。

ただ、モレスキンはかなり裏抜けします。

インク色がブルーブラックだと抜けにくいですが、それでも抜けます。裏抜けしても、好きなノートです。

インクにより裏抜け具合が変わるので、万年筆ユーザーさんは色々試してみるのもおすすめです。

私は四季織という万年筆インクを合わせています。

発色が良くモレスキンに合うのでおすすめです。

また、スケジュールに使えるタイプもあります。
ビジネスシーンにあいそうなので、仕事用にしてもいいかもと思っています。

ラージサイズのカバーはソフト、ハードがあります。

私は、楽天でラージサイズのハードカバー買うことが多いです。ソフトよりハードの方が、カバーが下敷きのようになってくれて、書き心地が良いです。
楽天だとポイント10倍のこともあります。

設定変更ノート【ロイヒトトゥルム】

サイズは

  • ミニ
  • ポケット
  • ミディアム
  • コンポジション
  • マスター

です。

A5はミディアムにあたります。

レイアウトは

  • 横罫(ルールド)
  • 方眼(スクエアード)
  • 無地(プレーン)
  • ドット方眼

です。

レイアウトは、モレスキンと同じですね。

モレスキンより表紙のお色味がマイルドでかわいいと思います。モレスキンの方がビビットなお色が多めです。

ページ数が250pと多めなので(モレスキンより多い)たくさん書く人にもおすすめ。

書き心地はモレスキンに似ていて、つるつるではなく、どちらかというとザラザラ寄りです。

裏抜けもしますが、モレスキンよりはしない印象です。

ロイヒトトゥルムが有名なのは、バレットジャーナルとして使えるという点です。
バレットジャーナルとは、マンスリーページやウィークリページなどを手書きで書いて、手帳としてノートを使う方法です。

りんママ
りんママ
私はめんどいと思ってしまいできないのですが、バレットジャーナルとロイヒトトゥルムは相性が良いみたい!

私は、がっつりノートを書きたい時期にロイヒトトゥルムを選んでいます。いつもA5サイズです。

設定変更ノート【CITTAオリジナルノート】

CITTA手帳ノート

サイズはA5のみです。レイアウトは方眼のみです。

お色は、白とピンク、ブラック、トラディッショナルブラックの3種類。

写真のような模様ありのブラックの加え、無地の真っ黒、トラディッショナルブラックが新しくラインナップとして追加されました。

紙はモレスキン等外国製ノートに比べると薄めですが、裏抜けもほとんどしません。CITTA手帳と同じ紙質です。

176pで1ヶ月弱で使い切るのにちょうど良いページ数です。

つるつるでもなくザラザラでもなく中間くらい。

万年筆でも書きやすいです。染み込む系の紙ではないので、インクが乾かないうちにすぐに閉じるとインクが移ります。

詳しくはこちらに書いています。

CITTA手帳ノート
CITTA手帳ノートの紙質やサイズは?使いやすさは?CITTA手帳ノートのレビューです。 紙質、サイズ、使いやすさなどを実際使って検証しました。...

設定変更ノート【グラフィーロ】

「ぬらぬら書く」をコンセプトに作られており、万年筆のために作られたノートです。

万年筆を使っている方は一度使ってみたいノートですよね。

りんママ
りんママ
本当にぬらっと書けます!何とも言えない書き心地を味わってみて欲しい!

ノートのサイズは

  • A4
  • A5
  • style(縦長タイプ)

です。

他にも便箋やメモブロック等もあります。

レイアウトは

  • 横罫
  • 方眼
  • 無地

の3種類です。

紙自体はつるつるしていないのに、染み込む感じとはまた違って、ぬらぬら書けるんです。
もちろん万年筆のためのノートなので、インクの発色も良く、綺麗に色が出ます。

私は、A5サイズを購入しています。万年筆用のノートのようですが、もちろんボールペン等でも書きやすいです。

ただ、A5サイズは、64ページとややページ数が少なめ。たくさん書く人はすぐに終わってしまいます。

サブノートとして使ったり、メインとして一気に書いてしまったり、色々な使い方ができるので、万年筆を使う人にはぜひ使ってみて欲しいノートです。

設定変更ノート【ノンブルノート】

とにかく表紙カバーの色が可愛いです。どれを選ぼうが考えるだけでも楽しいくらいですね。

りんママ
りんママ
迷いすぎてイロチ買いしました

サイズはA5のみ、レイアウトは方眼のみです。

書き心地はお値段が低めなこともあり、高級ノートより普通のノートに近く、紙薄めです。つるつるした紙面です。

触ってみるとざらっとするのですが、染み込む感じはありません。
万年筆でも書きやすいですし、普通のボールペンでもさらっと書けます。ページ番号が入っているので、バレットジャーナルに使う方も多いノートです。

私はロフトで買いましたが、大きな店舗でしか取り扱いがないため、通販の方が手に入りやすいです。

設定変更ノートに使える高級ノート5選【まとめ】

ノート
使ってみたいノートはありましたか?

設定変更ノートに使えるノートは

  1. モレスキン
  2. ロイヒトトゥルム
  3. CITTA手帳ノート
  4. グラフィーロ
  5. ノンブルノート

がおすすめです。

私は、使いたい時にすぐ使いたいので、いくつかストックしています。その中から、気分によって、新しいノートを選んでいます。

りんママ
りんママ
新しいノートを選ぶ瞬間が楽しい!

ひとつ気をつけておくといいことは、同じサイズでそろえておくこと。同じサイズで揃えておくと保管しやすいです。
ノート

素敵な設定変更ノートに出会えますように。

お読みいただきありがとうございます。