CITTA手帳

CITTA手帳のガントチャートの使い方7選【実例付】

ガントチャート

ガントチャートのページ使いこなせていますか?

  • どんな風に使うのか分からない
  • 使いこなせない
  • あまり開かない

なかなか使う用途がない、と思っている方も多いですよね。

私自身、ほとんど使わないこともありましたが

  • ずっとできなかった断捨離
  • なかなか続かなかった体重管理
  • 挫折した家計簿

をガントチャートで続けることができました。

使い方に迷っている方に、一度読んでみてほしい記事です。

CITTA手帳のガントチャートのページ

CITTA手帳ガントチャート
ガントチャートとは、このように横に日付順にマスが並んでいるページ。CITTA手帳では、前半に登場します。
2ヶ月で、見開き1ページです。

CITTA手帳のガントチャートの使い方

なかなか使う用途がない、というお声をよく聞きます。

基本的に決まった使い方はないのですが、使うことで「何か目的を達成できる」というメリットがあるので、使うことがおすすめです。

実際に使ってよかったアイデアを5つ紹介します。

家計簿


何度も挫折した家計簿。

きちんと細くはつけていませんでしたが、メモ程度につけたことで、お金を管理するというモチベーションになりました。
また、支出が見えることで使いすぎの防止にも役立ちました。

クレジットカード管理

クレジットカードの請求は時差があるので、明細を見たときに「この請求は何に使ったか」確認し直すのを手間に感じていました。

メモをしておくことで、確認がスムーズになりました。また、こちらも、使いすぎの防止にもなります。

体調管理


数ヶ月程続けて、体調のログをつけていました。

きっけけは生理前がつらかったこと。自分の体調の波が見えてくるので、予定の管理(辛くなりそうな時は、ハードな予定を入れない)に役立ちます。

また、満月の前はお腹が空いていたり、生理前1週間はだるく感じることに気付くことができました。

メモ


その日に気づいたことを、罫線の入ったメモ帳のように使うこともあります。写真は、ブログに書きたいことを書き留めておくメモ欄です。


本を読んた感想、ランチを食べて感じたことなどの感じたことをメモする場合もあります。

なかなかアウトプットする機会がないのですが、毎日開く手帳なら、忘れずにアウトプットすることができます。

良いこと日記


その日、良かったことや楽しかったことを書き留めておきました。

毎日でなくても、できるだけ書くことで、つい見落としてしまう日常のありがたさに目を向けることができるようになりました。

数字管理


何かの数字を追いたい時に使っています。

ダイエットやブログの投稿数を管理する等です。ストイックに毎日つけていることもあれば、1週間に1回くらいの時もあります。

タスク管理


タスクを設定して記入します。

終わったら「済」のスタンプを押すことで達成感を感じられ、続けることができるようになりました。スタンプだけで、手軽に達成感を感じることができるのでおすすめです。

CITTA手帳のガントチャートの使い方7選【まとめ】

手帳のガントチャートの使い方、いかがでしたか。

マンスリーウィークリーはイメージがつきやすいけど、ガントチャートは使い方がわからないと言う方、多いですよね。

私の場合は、まずウィークリーは予定を立てるため、ガントチャートは記録を残すためと言うような、おおまかな目的を持って書くようにしています。

正解は無いので、使いやすいように使いながら、試行錯誤を重ねると、何かを続けることの助けになるといいですね。

http://keepsimple20.com/how-to-use-cittatecho-202010

お読みいただきありがとうございます。